シワ・たるみ!肌の老化にブレーキ

シワ・たるみ!肌の老化にブレーキ@

シワ・たるみルール@ 

 

乾燥がきっかけのシワは意外と少ない。 第一にシワの種類を知る。

 

保湿ケアで改善できるのはちりめんジワだけ年齢を重ねるにつれ、目尻などにできるシワ。

 

肌の乾燥が原因だと思い込み、保湿で改善しようとする人が多いのですが、
実際には、シワの最大の要因は乾燥じゃあありません。

 

シワには、3種別、表情シワ、真皮ジワ、ちりめんシワがあります。

 

この中で、乾燥でできるシワはちりめんジワだけ。

 

たくさんの女性が気にするシワは真皮シワで、このシワは、残念ながら保湿じゃあ改善されないのです。

 

シワとは、肌が折りたたんでも、もとどおりに戻り、シワにはなりません。

 

しかしコラーゲンは紫外線によって劣化し、
また40歳を過ぎるころからは量が急激に減り、肌は弾性を失い硬くなっていきます。

 

そしたら、折りたたまれた部分が戻らなくなります。これが表情ジワです。

 

しかも進行したらコラーゲンのネットワーク構造が壊れ、
表情変化がないときにも歴然とシワが現れる状況になります。これが真皮のシワです。

 

肌のたるみなどクマの一部分も、シワと同じくにコラーゲンの変わった性質によって起こります。

 

肌の地盤である真皮のコラーゲンが変性・減少すると、表皮が支えられなくなり、たるむのです。

 

つまり、これらのケアは、膠原質を増やし、変性を防ぐことが有効なのです。

 

化粧品のコラーゲンは真皮までは届かない。

 

シワの原因がコラーゲンの変性・減小だとすると、
コラゲ一ン配合の化粧品をつければよいと思うかもしれません。

 

だが、化粧品に配合されているコラーゲンは分子量が大きいため、
塗っても真皮まで普及することはないのです。

 

次に、これらのコラーゲンの多数は魚の骨や皮からとったもので、
厳密には人類の肌のコラーゲンとは体系が違うため、
そっくりそのまま肌に固定することはありません。

 

シワの種類とケアの極意

 

○ちりめんジワ

 

特徴

 

目もとなどによく見られる浅く細かいシワ。ー般に「小ジワ」と呼よれています。

 

乾燥がもとで起こり、子どもでも、冬場の乾ききった時節などに見られます。

 

ケアの方法

 

保湿ケアをすれば回復します。だけど、このちりめんジワはほかのシワとは別ものなので、

 

これをケアしても大きなシワを予防できません。

 

○表情ジワ

 

特徴

 

顔の表情に合わせてできるシワ。初期段階は表清が戻れば見えなくなるものですが、

 

ゆるやかに戻らなくなり、真皮のシワへと転換していきます。

 

ケアの方法

 

真皮の線維(コラーゲンとエラスチン)を増やすケアをして、真皮のシワへの移行を予防します。

 

フェイシャル運動は、真皮のコラーゲンを傷めてしまう可能性があるので逆効果です。

 

○真皮のシワ

 

特徴

 

年を取るや紫外線により、真皮にあるコラーゲンが変性・減少する事で起こります。

 

表清を動かしていないのに、額や目元にシワが刻まれている場合は、この真皮のシワです。

 

ケアの方法

 

真皮にある線維(コラーゲンとエラスチン)を増やすためのケアをおこないます。

 

ピーリングなど美容外科でおこなっている治療もシワの作り直しにつながります。

 

★たるみの種類とケアの方法

 

○たるみ毛穴

 

特徴

 

若いうちは真皮にコラーゲンが十分にあり、
毛穴をまわりから支えていますが、それが年歳とともにゆるむことで毛穴開口部が開いてきます。

 

これが、たるみ毛穴です。たるみの初期症状だといえます。

 

ケアの方法

 

シワのケアと同じになりますので、ピーリング、レチノール、ビタミンC誘導体な有利です。

 

○二重アゴ

 

特徴

 

太っていないのに二重アゴになるのは、フェイスラインがたるんできた証拠です。

 

ほおからアゴにかけての太ったを皮膚を支えきれなくなり、
二重アゴになります。アゴのシャープな線が失われたら要注意。

 

ケアの方法

 

コラーゲンを増やすスキンケアも必要ですが、皮膚が厚いのですぐには手直ししません。

 

ぺットボトルを使ったトレーニングなどでアゴの筋力を鍛える事も近道。

 

○涙袋

 

特徴

 

目もとが老化するにつれ、眼球の回りの脂肪を支える下まぶたの皮膚がたるみ、

 

ぷくっとふくらんでくるようになります。第一段階は「クマが目立っできた」と感じる人が多いよう。

 

これが進歩したら物入れのような「涙袋」に変化します。

 

ケアの方法

 

これもシワと同じケア。いわゆるピーリングやレチノール等、コラーゲンに働きかけるものを使います。

 

○法令線

 

特徴

 

法令線とはロの両側のシワ。ほかの表情ジワと違って、たるみによるものなので、無表情の時も消えません。

 

老いによリロもとの皮膚がたるみ、同時にほおの脂肪が下がってくることが理由です。

 

ケアの方法

 

この他のシワに比べて深いので、残念ですがシワ防止用のクリームなどで改善するのはむずかしいでしょう。

 

コラーゲン注入やヒアルロン酸注入で改善されます。