シワ・たるみ!肌の老化にブレーキ

シワ・たるみ!肌の老化にブレーキA

シワ・タルミルールA

 

シワ・たるみ予防にはコラーゲンを増加さすケアが有効

 

シワに近道なのはビタミンCやレチノール

 

シワの出現を遅らせるには、コラーゲンの変性を防いだりコラーゲン量を増やしたりするケアが必須です。

 

それじゃ、具体的にどうしたすればよいのでしょうか。とりあえず1つは、ビタミンC誘導体など、

 

コラーゲンの合成を促す成分の化粧品を取り入れるとよいでしょう。

 

再度、レチノールの使用やピーリングも効能が期待できます。

 

ピーリングを続けていくと、肌の新陳代謝が高って、真皮のコラーゲンも増加します。

 

ちょっと前は、ビタミンCなどの成分をもっと肌に浸透化させるための美顔器もあります。

 

それらを試す価値はありそうです。

 

コラーゲンを増やすためのケア

 

ビタミンC誘導体配合の化粧水を使う

 

肌へ栄養を与えるのに必ず摂取したいビタミンC。表情ジワは顔全体に出るので、顔全体に塗ります。

 

レチノール配合のクリームを使う

 

レチノール配合のクリームを1日に1回夜に、目もとに使います。

 

レチノールは、シワ対策のアイクリームなどに配合されています。

 

週に1〜2回のピーリング

 

ピーリングでターンオーバーを促し、真皮のコラーゲンを増やします。

 

週に1〜2回くらいおこなうとよいでしょう。

 

ビタミンCのイオン適用

 

ピーリング後は美顔器を使ってビタミンCのイオン適用を。

 

日常使っているビタミンC誘導体化粧水を使って適用するとよいでしょう。

 

飲むコラーゲンやマッサージはたいして意味がない。

 

コラーゲンをボディの中から増やすのであれば、
コラーゲン入りのドリンクやフカヒレなどからコラーゲンを摂ればよいと思う人もいるかもしれません。

 

だが、それらは肌のコラーゲンになるとは限りません。

 

コラーゲンはたんぱく質で、胃腸の中で一度アミノ酸に分解されますが、
分解されたアミノ酸が、絶対に肌に使われるという保障はないのです。

 

この次、シワやたるみ防止措置ためのマッサージも注意がが必要です。

 

すでに弾力を失っているコラーゲンは、引っ張られることで、伸びたり切れたりよリダメージを受け、

 

結果としてシワを深くしてしまうからです。

 

血行促進の理由でのマッサージをおこなうのであれば、引っ張らないいようマイルドにおこないましょう。

 

この次、身体の中からの手当てとしては、規則正しい生活や調和のよいお食事などが肝心です。

 

睡眠不足や無理なダイエットはシワの原因になります。