シワ・たるみ!肌の老化にブレーキ

シワ・たるみ!肌の老化にブレーキB

シワ・たるみルールB

 

日常から表情に気をつけるだけでもシワ・たるみ予防になる。

 

フェイシャルエクササイズはシワを深くする事も顔には20種類超の「表情筋」があります。

 

筋肉も肌と同様、ほぼコラーゲンできているので、年とともに、とくに30代後半くらいからたるんできます。

 

とくに二重アゴや口角の下がりは、筋肉のたるみと関係しています。

 

だけど、表情筋エクササイズ(フェイシャル体操)はオススメできません。

 

なぜなら、表現を大きぐ動かすようなトレーニングは、表情ジワをより深く一段と刻んでしまう事になるからです。

 

だからといって、気になるたるみをほっておくわけにはいきません。
二重アゴや口角の下がりなど、

 

フェイスラインのタルミ予防の筋トレには、低周波美顔器や、市販のロにはさむ種類の

 

器具を使うとよいでしょう。これらであれば、表情ジワを深めずに筋カアツプできます。

 

日々の生活のなかで表現に緊張感をもつようにする

 

もっと重要なポイントは、日頃の表情に緊張感をもつことです。ロをポカンと開けているのと、

 

正しくロを結んでいるのとでは、筋肉のたるみが違ってきます。

 

アゴや首のラインも、常々から正しくした姿勢でいる人は美しいもの。

 

鏡の前では、人は自分の好な顔をつくってしまいます。

 

日頃の何気ない季節にこそ、ぶすっとした表情や、だらしのない表情をしていないか検査してみましょう。

 

表情筋とは?

 

表情筋とは、表情をつくるときに動く顔全体の筋力(骨格筋)と違う場所は、

 

骨じゃあなくて皮膚についていることです。そのおかげで、豊かな表情をつくることができます。

 

しかし、それだけ表情筋がたるむと肌もいっしょにたるんでしまいます。

 

シワを深める表情筋エクササイズなどは禁物ですが、
ある程度筋肉を鍛える筋トレは有効なので、筋トレを取り入れるとよいでしょう。